どうにも印象に残るもの

異臭はより人の印象に残るものです。

おぼろげながらも、「あれ?どこかで嗅いですやり方のあるにおいです」なんてことありますよね?

ダディなら、朝の満員列車の中で綺麗なマミーの髪からかおる洗顔の異臭や香水の異臭などで、だいたい何度となくそういう見聞きあると思います。

以前付き合っていたマミーと同じ香りですとか、過日いうお店の眩しい乳幼児の異臭ですとか・・・。

また女性にしても同じではないでしょうか。

ただし、そのあべこべもまたありますよね。

においと言っても「異臭(におい)」というより「臭い(におい)」の顧客だ。

そんなに、ほんのり全然嗅ぎたくないサイドの臭いだ。

こちらの悪臭も感化はかなりあります。

こちらの顧客で、「そういえばあの人の・・・」なんてメモリーされてしまったら、その見解は何やら消えません。

「いい異臭」の方よりメモリーにのこってしまうかもしれませんね。

そんな印象を残さないためにも、自分のにおいにとことん注意しておきたいものです。

必ず、注意していないと自分のにおいは自分でどうしてもわからないものです。

見えないにおいに抱えゃんとつでも気を使って、よろしい香りの持主ってメモリー浴びるみたい心掛けたいものですね。ココ